店舗買取のデメリット

交通費の方が高くつくことも

店舗買取のデメリットは、交通費がかかることです。買取店は駅前や郊外など色々な場所にありますが、近所にない場合は店舗にブランド品を持ち込むまでの交通費が高くついてしまいます。ブランド品の買取価格が予想していたよりも安かった場合は交通費の方が高くつき、副収入どころかマイナスになる可能性も否めません。徒歩圏に店舗がある場合は店舗買取でも問題はありませんが、電車やバスを乗り継いでしか店舗に行けない場合は収支を考えて利用するのが無難です。店舗買取は目の前で査定してもらえるため安心感もありますが、ロケーションによっては損してしまうこともあります。店舗が遠い場合は、出張買取や宅配買取を利用する方が良いでしょう。

大量に売る場合は移動が大変

店舗買取のデメリットは、荷物を抱えての移動が大変なことがあげられます。少量のブランド品を買取に出す場合は問題はありませんが、クローゼットの掃除などをして大量に売りたいものが出た場合は、大荷物を持ち込まねばなりません。段ボール1箱分以上のブランドバッグや洋服となると、公共の交通機関を利用するのは大変でしょう。車があるならOKですが、レンタカーやタクシーを利用するのはコストが高くつきます。また、買取価格に納得がいかなかった場合は、再び大きな荷物を抱えて帰路についたり、別の買取店を探したりしなければなりません。大量のブランド品を買取に出す場合は、出張買取を利用して家まで査定に来てもらうのが良いでしょう。